FC2ブログ

お知らせ

ワールドカップのおかげで、寝不足です。日本代表残念でしたね。誤解を恐れずに言えば、負けてくれてほっとしています。オレンジ軍団には、やはり油断があったのでしょう。飛車(ロッペン)抜きで、若干攻撃力がて落ちているように感じました。オランダの監督は、自らのチームのスタイルをバルサになぞらえていました。オランダがバルサなら、日本はインテルになって戦えばいい。今年のチャンピオンズリーグ準決勝のモウリーニョひきいるインテルの戦い方を日本代表は参考にしたのかもしれません。しかし、日本にはスナイデルはいないし、監督はモウリーニョのような戦略化ではありません。オランダはバルサになりえますが、日本はインテルになりえません。その割には、よくやったと思います。

 さて、一次リーグをここまで見る限り、強豪国が苦戦しています。現時点で、僕はアルゼンチンが面白く映ります。メッシは、マークされるのを覚悟でおとりになって周りを活かすことに徹しているように思えます。一人の天才が、戦術至上主義を凌駕する、そんな戦いを期待しています。

 やっと、ホームページができました。まだ、一部不完全ですが、ご覧ください。


http://park.geocities.jp/tsumiki_yume_mirai
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

ちょっと一息

 学術的にとか、矛先を変えておきながら、今回は週末の話に戻ります。

 12日の土曜日は、青少年指導員の活動でした。市で管理しているテントの点検。約60張りのテントの敗れの有無・ペグの破損などについて確認しました。
 3分の1位は、昨年使った形跡がありませんでした。子どもたちの野外活動の経験が少なくなっているのかもしれません。僕らは、中学生のころ、子どもだけでキャンプをした記憶があります。何をしていたんだか、よく覚えていませんが、夜はほとんど眠らずす過ごし、家に帰ると爆睡したことだけは良く覚えています。地子連のキャンプでは、楽しい思い出ができるようにお手伝いしたい思います。

 午後は、まちなか冒険遊びのの講演会。聞きに来た人の中には、僕が面識のある某市議の姿がありました。なべさん達の活動への関心の高さがうかがえました。それに引きかえ、僕らの宣伝下手は大問題。いまだにHPの開設ができていません。情報を発信したいのですが、そこまで手が回らないのか、楽をしているのか、いずれにしろ、近日中にHPを開設できるように頑張ります。

 講演会では、新たな出会いがありました。僕は、なべさんの話は軽く聞きながら、後ろのプレイスペースで聞きに来た方のお子さんたちと遊んでいました。積み木は、そこでも人気者。また、積み木に興味を持って下さった方もたくさんいらっしゃいました。
 活動に繋がっていきそうな予感です。

 明日は、午後から市内の特養で積み木をします。
 また、その様子は報告します。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

土日の出来事

 一昨日の土曜日は、久々の土曜出勤で仕事。電話があまり鳴ることなく、事務仕事がはかどりました。

 日曜日は、青少年指導員としての活動。午前中は、救急救命法・AEDの講習会。夜は、地域の子ども会連合会との懇親会でした。
 地区の青少年指導員は9名、全体で地域の活動の後方支援を行ったり、役割を持って市域での活動に参加したり、日夜活動しています。
 その中に、研修部という組織があり、一人の方が属しています。何地区かの集合体のブロックで独自に研修を行うことになったけで、前年と同様の企画でいいものかと、我々に相談がありました。地子連にしろ青少指にしろ、新しいものをやることをあまり良しとしない風潮があり、毎年、同じようなことをしています。それはそれで意味のあることかもしれませんが、何か新しい事をやる必要があるように思えてます。

 iphoneで楽つみ木の画像を見てもらうと、皆さん興味津々、その場で結論は出ました。グループワークの要素を取り入れて、青少年の指導活動をしている人たちに、つみ木の良さを認識してもらう良い機会だと思います。
 また、今月27日の地子連フェスタ・T小ふれあいバザールの時に、子ども向けのつみきのワークをする予定なので、その場で地域の青少指のメンバーに見てもらう予定です。

 こんな感じで、少しずつ積み木の輪が広がっていくことが、何よりも幸せです。


 

テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

束の間の休日

 今日は、久しぶりにウイークデイに休みを取りました。

 息子を学校に送りだした後、かみさんと東京へ行ってきました。
 目指すは、三菱一号館美術館

 オープン前から興味はあったのですが、なかなか実現できず。ところが、先日、地域のミニコミ誌のプレゼント企画に応募したところ、幸運にも入場券をゲット!幸せな時間でした。
 
 モネという画家について特に深くは知っていなかったのですが、絵の横に貼られていたテロップを読むうちに、興味が湧いてきました。
 モネは、当時としては前衛的な作風を特徴としており、仲間内での評価はかなり高かったのですが、敢えて保守的な画壇に出展して、自分の作品を広く世に問おうとしていたのでした。

 かみさんが話していたのですが、絵と向き合うときは、こちらも意識して作品と向きあう必要があります。音楽は、その空間に身をゆだねていればいいのですが、絵画の場合は、こちらからポジティブに向かい合わないと伝わってこないものがあります。
 その意味では、普段とは違う疲労を感じましたが、良い一日でした。

 さて、一つ宣伝です。
 我が仲間、相模原に冒険遊び場を作る会のなべさんが講演会を行います。僕もつみきを持って参加します。まだ、席に余裕があるようです。皆さん、是非、参加してください。



テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

今日は雨

 21日金曜日は法人決算理事会に参加。
 翌土曜日は久しぶりに千倉へ行き、かみさんのお父さんの様子を見てきました。潮干がりの季節が過ぎ、交通量が多いながらも、順調な流れのアクアラインでした。このところ、橋に上では、横風にあおられるばかりで恐怖感を感じていましたが、今回は、何とも穏やかな海越えでした。しかも、気温の影響か、湾に薄く霧がが立ち込め、海と空の境界がつかないような幻想的な風景でした。
 お父さんは予想以上に元気で、我々を、『何も困ってないのに、何しに来たんだ?』とでも言いたそうな表情。生活に荒れた様子はなく、歩く足取りがしっかりしており、安心しました。
 その後、息子に頼まれたカワハギと中パンのサンドイッチとひじきふりかけ、三芳の道の駅のコーヒーゼリーを購入して帰路につきました。

 僕は、道の駅マニアでもなく、立ち寄った道の駅は10か所程度ですが、三芳の道の駅は、最高です。何がいいって、まず、トイレが大きく清潔なこと。食べ物の売りエーションが豊富なこと。自転車乗りの間ではかなり有名なビンゴバーガーの味は、なかなかのものです。そのほか、館内のレストランで食べることができる地元の食材を使った定食類も種類が豊富で、優しい味付けです。さらに、道の駅というロケーションなのに地ビールが手に入ること。スタウト、バイツェンの他、季節のフルーツを使ったフルーツエールがお勧めです。

 日曜日は、カレーを作りのんびりと過ごしました。僕は、気がつかなかったのですが、23日日曜日の朝日新聞の天声人語に、荻野さんのつみきの事が書かれていました。今月15日の八王子でのXUXUとのコラボの感想なのですが、最後の言葉が泣かせます。
 『ゲームのように勝ち負けがあるわけではない。楽しむには、木と語らう心の余裕が必要だろう。無口な木片を手に取り、己のゆとりを試してみるのもいい。この遊び、大人にも使い道がある。』


テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード